POSシステムやクラウド型POSシステムの現状

売上管理

売上管理も在庫管理も簡単に

流通業、特に小売業の分野において現在、ビジネスの効率化に大きな役割を果たしているのがPOSシステムです。 POSシステムは日本語で販売時点情報管理とも呼ばれ、商品の売り上げがあった際にその都度販売情報を収集、管理するシステムです。もともとは多種類の商品を扱うスーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストアなどを中心に普及が進んできましたが、現在では小規模な一般商店でも簡易なPOSシステムを導入する例が多く見受けられます。 POSシステムを導入すると、いつごろどんな商品がでれだけ売れたかといった情報がすべてリアルタイムで記録されるので、あとから伝票を集計したりしなくても売上管理が行えるようになります。また、在庫管理の負担も軽減することが可能です。

ポイントカードなどとの連動も可能

現在普及している一般的なPOSシステムは、バーコード読取装置等のデータ収集端末とPOS機能を持ったレジによって構成されています。会計時に端末を通して記録することで、自動的に売上データが収集されます。データは日付別のみならず商品別、価格ゾーン別などさまざまな方法での集計が可能なので、仕入業務の参考にしたり販売戦略の策定に生かしたりできます。またチェーン店であればそれらのデータをさらに集中管理し、全体のあるいは地域ごとのマーケティングに活用することができます。 最近では多くの小売業においてメンバーズカードの発行などを行う例が増えていますが、こうしたシステムとPOSシステムを連動させることも可能です。会員ごとの購入記録を集計して、自動的にポイントを付与したり割引クーポンを発行したりすることができます。